効果的!イチゴ畑の鳥害対策|釣り糸(テグス)で防鳥する方法です

tegusu (6)vg

イチゴ畑の鳥害対策を、ご紹介いたします。

昔の農家さんは、山蚕やままゆというかいこまゆの天然の糸を畑に張って、鳥の対策を行っていたと言われています。

現在では、繭の糸を手に入れるのは難しくなりましたが、代わりに釣り糸などの細い糸で代用してお使いにあることが出来ます。

わが家は、イチゴ畑に釣り糸(テグス)を張るようになってから、食べられたイチゴが畑に散乱するのを見かけなくなりました。

十分な効果を実感しておりますので、ご参考になさってください。

効果てきめん!イチゴ畑の鳥害対策|テグスで防鳥する方法

用意するもの

tegusu (4)vg

・支柱・クイなど(土から30~40cm出る長さのもの)
・釣り糸などの丈夫で細い糸(黒い糸でも、透明な糸のいずれもOKです)

糸の張り方

tegusu (3)vg

1.イチゴの畝の四隅と端に、支柱を立てます。
2.支柱に釣り糸を縛りつけます。
3.釣り糸はイチゴの葉っぱの高さに調整し、対角線上に張ります。

防鳥対策に効果的な釣り糸(テグス)について

tegusu (5)vg

イチゴ畑に糸が張っているのが見えないように仕掛けることが、防鳥効果を高めるコツです。

黒色、透明な釣り糸を使いますと、鳥は何も見えないのに羽が引っかかり、それを何度か経験をすると、敬遠して寄り付かなくなると言われています。

トラップの糸に引っかかった鳥は、仲間にも警戒を伝えると言われていますので、被害の軽減を期待することができます。

応用できる!釣り糸(テグス)を使った鳥対策

作物によって、糸の高さや、支柱の長さ・数を調整して鳥対策を行います。

豆類

釣り糸の高さを10~20cmにします。

枝豆や落花生などの豆類が発芽して本葉が出てきますと、鳥はもう突きに来なくなりますので、糸を外しても構いません。

草丈が高い作物

20220610_morokoshi-4kj

トウモロコシなど、草丈が高くなる作物の場合は、長い支柱の上方に張り巡らせます。

まとめ

tegusu (1)full

釣り糸(テグス)を使ったイチゴ畑の鳥害対策を、ご紹介いたしました。

わが家は、イチゴが赤くなりはじめの頃、ご案内した釣り糸対策を行うようになったところ、さいわい鳥の被害に遭わずに、イチゴを収穫しており、効果的な方法であることを実感しております。

この対策は、昔農家さんが行ってきた伝承農法で、今でも行うことができる鳥対策ですので、おためしになってみてください。

[ご参考:自然農法家 高内実(たかうちみのる)さんの鳥対策の動画]

※ 動画の前半は竹を使った鳥対策で、釣り糸を使った対策は3分20秒頃から始まります。

タイトルとURLをコピーしました