枝豆の種のまき方|発芽率が上がる伝承農法

edamame-7ve

発芽率が上がる枝豆の種のまき方を、ご紹介いたします。

昔の農家さんは、枝豆の種を一つの穴に2~3粒まいて 生育を促進させていたと言われています。

この方法は、今でも応用することが出来る伝承農法ですので、ご参考にしていただきましたら幸いです。

野菜の種まきについて

tanemaki,seeds,daikon-1ve

※ 大根の種まき

一般的に野菜の種まきは、育てる株の数よりも多めに種をまきます。

その理由は2つあり、1つは 種がすべて発芽するとは限らないためと、2つ目の理由は間引きをして よい株を残すためです。

枝豆の種まきについて

枝豆は、1穴に1粒ずつまいたり、2~3粒まいて間引いたりなど、様々な育て方があります。

今回は、発芽したあと2本の株を一緒に育てることを目的とする多株立ちを前提とする「多粒まき」について、ご紹介いたします。

枝豆の多粒まきとは

edamame-7ve

枝豆の種を1つの穴に2~3粒まくことを、「多粒まき」と呼びます。

枝豆の種を2~3粒まく理由

一般的に、野菜は子孫を残すために、サヤの中に発芽する種の数を残すと言われています。

枝豆は1つのサヤに2~3粒 豆が入っていますので、多粒まきをすることで、芽が出やすくなります(=発芽率が上がります)。

枝豆を多粒まきにするメリット

1つの穴に枝豆の種を2~3個まく多粒まきは、種が一緒に発芽することで、かたい土を根が押しのけて伸びやすくなります。

複数の種から伸びた枝豆の根は 競い合って根を伸ばし、助け合いながら生長し、野菜が持っている能力を発揮することができるようになります。

より深く、より広がって根が伸びた枝豆は 健全に育ちますので、品質や味がよくなると言われています。

―多粒まきのメリット―
💡 発芽率が上がります
💡 生育が旺盛になります
💡 花つき、さやつきが良くなります

枝豆の種のまき方

土づくり

枝豆の種をまく2週間ほど前に畝を立てます。

野菜がよく育っている畑であれば 元肥は要りませんが、瘦せている畑の場合は、完熟堆肥やボカシ肥などを施し、よく混ぜておきます。

1穴に3粒まきます

edamame-7ve

まき穴をつくり、1穴に3粒まいて土で覆います。

水やりは行いません。

2本立ちで育てます

20220512_edamame-kj

枝豆の芽が3本とも発芽した場合、1本間引きをして2本立ちにし、最後まで育てます。

発芽した直後は、根が土を押しのけて伸びるのに3株が協力し合います。

そして、地上部が生長をはじめますと、残した2株の根は競い合って深く伸び、生育旺盛になります。

枝豆栽培のポイント

「土寄せを2回行います」

20210713_edamame,ryokka,tekishin,dankon-5kj

💡 枝豆は、双葉のあとに初生葉が出て、本葉が伸びます。このタイミングで株元を軽く土寄せします。

そしてさらに15~20日後に、2回目の土寄せを行います。この時は、双葉が埋まるほど土を寄せても構いません。

「摘心してつるボケを防ぎます」

edamame-8ve

💡 本葉が5~6枚になりましたら、主枝を摘心してわき芽を伸ばしてつるボケを防ぎ、勢いを分散させます。

摘心を行うことで 水分を欲する開花期にも乾燥に強くなり、花が落ちづらく、サヤの付きがよい枝豆に生長します。

まとめ

edamame-7ve

枝豆の種のまき方「多粒まき」について、ご紹介いたしました。

この方法は、昔の農家さんが行ってきた伝承農法で、今でも応用することが出来ますので、ご参考にしていただきましたら幸いです。

[参考文献]

木嶋利男著「昔農家に教わる 野菜づくりの知恵とワザ」(14頁)

タイトルとURLをコピーしました