何粒まく?エダマメ・落花生・トウモロコシ・オクラ・ダイコン|伝承農法から学ぶ種のまき方

edamame-6vl

昔農家さんが行っていたと言われている、エダマメ・落花生・トウモロコシ・オクラ・ダイコンの種のまく数・まき方について、ご案内いたします。

野菜の種をまく際、種袋に書いてある通りにまいても、なかなか発芽しなかったり、丈夫な株に育たなかったというご経験はないでしょうか。

昔の農家さんは、通常より種を多めにまく「多粒まき」という方法で、種をまいていました。

多粒まきは、生長が促進し、野菜が美味しく育つといわれていますので、ご参考になさってください。

通常の種まきと多粒まきの違い

通常の種まき

edamame-4vl

通常の種まきも、育てたい株の数よりも種を多めにまきます。

種を多くまくのは、おもに2つの理由があります。

理由① 種がすべて発芽するとは限らないので予備としてまくため。
理由② 発芽した後、生育のよいものを残す「間引き」をするため。

伝承農法「多粒まき」

okra-1vl

多粒まきは、あらかじめ種を多くまき、発芽した後、1株ではなく複数の株を一緒に育てることを目的とします。

たとえば、オクラ栽培では1本で育てる場合と、数本で育てる場合がありますが、多粒まきは後者にあたります。

多粒まきのメリット

通常より種をたくさんまく「多粒まき」は、野菜の種類によってメリットが異なりますが、基本は 株同士が助け合って育ち、競合のバランスを利用して、生育の促進に役立てるために行います。

種どうしの助け合いと競合

edamame-4vl

たくさんまかれた種は、一緒に発芽をすることにより、生育初期には根がかたい土を押しのけて伸びやすくなります。

すると、種どうしは互いに競い合うように生長し、より深く根を広げるようになります。

根を深く広く張った野菜は、結果的に 成長が促進し、丈夫な株に育ちます。

野菜が美味しく育つ

tomorokoshi-3vl

株同士が助け合い 競い合う株は生育がよくなり、その野菜本来の能力を発揮することが出来るようになります。

健全に育った株は、病害虫の攻撃も少なくなりますので、品質のよい美味しい野菜に育ちます。

多粒まきに向く野菜

edamame-5vl

種をたくさんまくと生長が促進する野菜は、直根タイプの野菜が効果的といわれています。

―直根タイプの野菜例―

・トウモロコシ
・オクラ
・エダマメ等、マメ科の野菜

何粒まく?エダマメ・落花生・トウモロコシ・オクラ・ダイコン|伝承農法から学ぶ種のまき方

伝承農法「多粒まき」

edamame-3vl

昔の農家さんは、野菜のサヤに入っている種の数をまいていたと言われています。

例えば、枝豆や落花生の場合は、1つのサヤに2~3粒のマメが入っていますので3粒まくというイメージです。

つまり、野菜1つのサヤに入っている分の種をまきますと、子孫を残すことが出来る(=発芽しやすくなる)ということですね。

多粒まきの目安

作物 種まき 間引き後、残す株数
エダマメ 3粒 2本
落花生 3粒 1~2本
トウモロコシ 3粒 1本
オクラ 5~6粒 そのまま
ダイコン 5~7粒 1本

種のまき方

tanemaki,seeds,daikon-1ve

1穴にまとめて種をまきます。

農学博士の木嶋利男さんは、「粒がこぼれ落ちるつもりでまく」ことをおすすめされれいます。

なお、オクラは種の数がより多いので、1か所に2~3粒ずつをやや離してまきます。すると、株が開きぎみに立ち上がり、管理がしやすくなります。

okra-7ve

※ オクラの多粒まき

まとめ

rakkasei-1full

野菜が美味しく育つ種まきのコツについて、ご紹介いたしました。

野菜の1つのサヤに入っている種の数に近い数量で種をまきますと、株同士が助け合い、競い合いながら生長しますので、美味しい野菜に育ちます。

この方法は、昔農家さんが行っていたと言われている「多粒まき」で、今でも行うことが出来ますので、おためしになってみてください。

[参考文献]

木嶋利男著「伝承農法を活かす 野菜の植えつけと種まきの裏ワザ

[Phote by]

pixabay.com(HansBraxmeier)
pixabay.com(congerdesin)
pixabay.com(HansBraxmeier)
pixabay.com(charlesEcher)

この記事を書いた人
ベジルナ

関東在住の主婦です。
江戸時代から伝わる農薬や化学肥料を使わない野菜の栽培法、旧暦、自然暦、季節の作物を使ったレシピ、おすすめしたい書籍などをご紹介しております。

※ 当サイトは、Googleアドセンスの広告および、一部のページにアフィリエイト広告を掲載しております。

ベジルナをフォローする
伝承農法・自然暦自然と共生する野菜づくり
ベジルナをフォローする
タイトルとURLをコピーしました